みなさんお子さんの椅子(ハイチェア)は、どのような物を使っていますか?
我が家は、2人ともstokke(ストッケ)のトリップトラップを使っています。

なぜこれにしたか…オシャレだからです!そんな単純な理由でハイチェアを選びました。

このハイチェア(トリップトラップ)は、別売りの付属品がいくつかあり、ベビーセットを使わないと赤ちゃんは1人では座れません。

更に、抜け出してダイニングテーブルに登りたがる子供を座らせておくにはハーネスが必要です。しかし、ストッケ公式ハーネスは¥6,480と正直お高い。購入を躊躇したくなってしまいました。

代わりになるものはないかと探しいくつか試した結果、我が家では2年前から肩で止めるタイプのリッチェルの2wayチェアベルトを使っています。

ストッケハーネスの半額以下で購入できて、抜け出せない・立ち上がれないで効果絶大な商品なので紹介します。

子供はハイチェアから抜け出したがる!

子供はハイチェアから抜け出し、椅子の座面に立ったり、テーブルに登るのです。(全ての子供がこのような行動をするわけではありません。)

2年前、息子にトリップトラップを購入した時も立ち上がったりテーブルに登ろうとして抜け出しました。テーブルの上にあるお皿や箸、ティッシュの箱など、何にでも興味を持つのが子供ですよね。

「目を離さなければいい」と言われればそれまでですが、離乳食やおやつを食べている時にお茶やお皿をひっくり返すしてテーブルや床を拭いたり…と目を離す機会はでてきてしまいます。

ちょうどトリップトラップを購入した頃に、保育園で同じクラスの子が椅子の座面に立ち、頭から落ちた。という話を聞いたので安全対策をしなくては!!と思いました。

チェアベルトの人気商品を使ってみた

チェアベルトといえば、日本エイテックス製キャリフリーチェアベルトのようで、検索するとこちらが上位に出てきました。


安いし、評価もかなり良かったので、まずはこれを試してみようと購入しました。

キャリフリーチェアベルトを使った

問題ないように見えますが、見事にすり抜けました( ̄◇ ̄;)
あっという間に抜け出して、見事にテーブルへの登頂に成功した息子です!

ベルトをキツくしすぎるとお腹が苦しそうだし、少しでも緩めると隙間ができていとも簡単に抜け出せました。大人しい子だとこれでも大丈夫なのかもしれませんが、我が家のイタズラ好きやんちゃ坊主には全く意味がありませんでした。

ハーネスの代わりにはなりませんでしたが、ベビーセットの代わりにはなりそうでした。

6ヶ月頃からトリップトラップを使う場合は、ベビーセットがいいかと思いますが、我が家のように自分でお座りがしっかり出来るようになってからトリップトラップを使い始めるなら、ベビーセットの代わりとしてこのチェアベルトは使えそうです。

ベビーチェアからの脱出防止・立ち上がり防止ができる商品発見!

チェアベルトの人気商品だったキャリフリーチェアベルトがあっさりと抜け出せてしまったのでトリップトラップのハーネスの代用品になりそうなチェアベルトを更に探しました。

そこで見つけたのが、子供用品でお馴染みのリッチェルから発売されている「2wayチェアベルト」です。

リッチェルのチェアベルトを装着

このリッチェル2wayチェベルトの紐をトリップトラップの背もたれにぐるぐるっと取り付けることで無事に椅子から抜け出せなくなりました!

導入してから何度も立ち上がろうとしましたが、絶対に立ち上がれない、抜け出せません!
2wayチェアベルトはトリップトラップに取り付けたままで、使用するときに頭から被せて、脇でベルトを留めるだけなので脱着も簡単。

転落防止・立ち上がり防止効果は絶大です!!

↓↓↓非装着時の写真

↓↓↓こちらは、カトージのハイチェアに取り付けて使用した写真です。

抜け出せない以外のメリット

  • サイズ調整ができる
  • 締め付けられないので愚図らない
  • 背もたれがある椅子(ベビーチェア)なら使える

肩ベルトがサイズ調整出来きるので体格を選ばず長く使用できそうです。締め付けられないので、嫌がったり愚図ったりしません。上半身は普通に動かせるのでつけていることを気にせずに過ごしています。

ただ、はじめの頃は付けるのを嫌がりました。「いないいないばあ!」と言いながら付けることで、笑いながら付けてくれるようになりました!

写真を見て分かるように、ストッケのトリップトラップだけでなくカトージのベビーチェアでも使用できました!ベビーチェアだけでなく、背もたれがある椅子なら大人用でも使用できそうです。

外出先でも使える

このチェアベルトは、本体を裏返すと紐と本体が収納出来るので持ち運びも手軽に出来ます。
子供椅子には腰ベルトが付いていないタイプの物が置いてあるお店、フードコーナーもあるのでとても役に立ちます。

また、外出時のハーネスとしても使用できるようになっています。手を繋いでいても突然振り切って走り出すのが子供ですから・・・助かりますね。

まとめ

毎日、元気に動き回る子供たち!
好奇心も旺盛でなんでも触りたがりますよね。このチェアベルトのお陰で安心してベビーチェアに座らせられるようになりました。

我が家では家用と実家用に2つ買いました。値段が安く、色々なベビーチェアに付けれるので助かってます。



Twitterでフォローしませんか?

おすすめの記事