【入園準備】保育園服の名前つけにおすすめ!コスパ最高は、マスキングテープ!

こんにちは。あいあいです。

この記事では、保育園や幼稚園に着ていく服に名前を付ける方法ご紹介します。

保育園や幼稚園へ着ていく服、持ちもの全てに名前を書かなければいけないので大変ですよね。
成長期の子供、服は毎シーズン新しいサイズを用意するのでその都度名前を付けるのはなかなか手間暇かかります。

上の子が保育園に入る時は、服のタグにスペースがある場合は直接マジックで記入、書くスペースがない場合はアイロンテープに名前を書いて貼っていました。

しかし、タグにマジックで直接書くと滲むし、アイロンテープも洗濯しているうちに剥がれてくるんですよね・・・。その度に、アイロンを出して、スイッチを入れて温めて、貼る。正直、非常に面倒です。

また、お下がりした服やお下がりでもらった服には洗濯タグに名前が書くスペースが残っていなかったりもします。

そんな悩みを解決するのが、マスキングテープです!

安くて、洗濯しても取れにくい!名前が書いてあっても、上から貼れる!

スポンサーリンク

洗濯タグへのマスキングテープの貼り方

折り返しタグの場合

まずは、一般的な二重折り返しタグへの付け方です。

①タグの下の方に、適当な長さに伸ばしたマスキングテープを貼る。

②左右にはみ出ているマスキングテープをタグの間に挟み込んで貼る。

③(タグを内側の様子です)

④油性マジックで名前を書く。

折り返しがなくタグが1枚の場合

ユニクロや海外製品など1枚ぺろーんとなっているタグへの付け方です。

①タグの上の方(服に近い所)に、適当な長さに伸ばしたマスキングテープを貼る。

②左右にはみ出ているマスキングテープを折り返してタグの裏に貼る。

③油性マジック名前を書く。

とても簡単です♪

ポイント

取れにくくするコツは、裏側で重なるように貼り合わせることです。
1cm以上重なるようにするといいと思います。

洗濯しても本当に取れないの?

洗うだけでは取れない

基本的に洗うだけでは、取れません!

私も最初やり方を聞いたときに、「マスキングテープを洗濯なんてしたら絶対にすぐ取れるでしょ!?」と思いました。
とりあえず、騙されたと思ってやってみるか・・・と試したところ取れなかったんです!

もちろん、100%絶対取れないとは言えません。
実際に数回の洗濯で取れたことがあります。

しかし、洋服タグにマスキングテープを貼り付けてから1年ほど着続けた服やスタイのほとんどが取れていません。

こちらは、下の子へお下がりした肌着です。3年ほど着ており、よく汚すので何度もオキシクリーンやワイドハイターでつけ置きしているので、マスキングテープが色落ちしていますが取れたことはありません。

マジックで書いた名前は、洗濯やつけ置きで薄くなるのでたまに(数ヶ月〜半年くらい)上からなぞり書きしています。

乾燥機を使う場合は二重・三重に

我が家は、洗濯機の乾燥機能を使用していませんが、やはり乾燥機能を使うと取れやすくなってしまうようです。

マスキングテープを二重・三重で巻くことによって取れにくくなるようです。

注意
マスキングテープにも品質や材質の違いがあり、洗濯ですぐに取れてしまうもの、
油性マジックを弾きやすい柄などがあります。
スポンサーリンク

コスパ最強!おすすめのマスキングテープ

100円ショップのマスキングテープ

我が家で使用しているマステは、セリアで購入しました。

12m 108円です。

一般的な日本製品のタグに裏側で重なるように貼るには、8cm必要です。(重なりは1.5cm)

1200cm÷8cm=150

マスキングテープ1個で150着の服に名前を付けることが出来ます!

これは、かなりコストパフォーマンスが良いと言えるのではないでしょうか!

こちらがセリアで購入したマスキングテープです。このシリーズは何個か持っていますが、とても取れにくいです!!
セリアは、マステの種類がとても多くて、どの柄にしようか迷ってしまうほどです。

カモ井加工紙 mt マスキングテープ

100円ショップのものほどコスパ最強とは言えませんが、カモ井加工紙さんのmtマスキングテープは、かなり取れにくいことに定評があり、柄も豊富でおすすめです。

我が家もカモ井加工のマスキングテープに乗り換えました!
カモ井さんのマステ、本当に剥がれにくくて驚きです!柄がない無地の方が名前が見易いですが、可愛い模様や子供がお気に入りの動物などの柄にすると目印にもなるし、テンションが上がります☆

洗濯タグにマスキングテープの跡が付かない

上の子が使っていたスタイを下の子にお下がりする時に気づいたんですが、1年以上ずっと付いていたマスキングテープを剥がしても跡が付いていませんでした!

アイロンテープの場合、糊跡が残りますよね。

マスキングテープだと跡が付かないので、下の子や友人などにお下がりする時も気になりません。

服に記名がなくタグが綺麗な状態であることは、メルカリやラクマなどのフリマアプリで出品する際にも高値で売れるポイントとなります。
ブランド服で状態が良くても、タグに記名があったり、タグが切り取られていると価格が下がってしまう要因にもなります。

それでもめんどくさい時は、洗濯タグ用お名前シール

マスキングテープが洗濯しても取れにくくてコスパがいいのは分かったけど、結局「切って貼って名前書いて」と手間が掛かる…。
名前を付けるのは洋服だけじゃなく他にもあるし、もっと楽で簡単な方法はないの?という方におすすめなのは、洗濯タグ用お名前シールです。

【お名前シール製作所】


イラスト550種類の中から選べるのが魅力的!こちらの"ノンアイロンシール"は、洋服タグだけじゃなく、お弁当箱やコップなどプラスチック製品、クレヨンなど文房具にも普通のお名前シールとしても使えるのが良いところ!
お名前シール、洗濯タグ用シールと分けて2つ買わなくても1シート買うだけで色々な物に貼れて便利✨

保育園のママ友が買ったと言っていたので使用感を聞いてみたところ、「たくさん洗濯したら取れる服も出てくるけど、すぐに取れるというわけではないし、取れてもシール貼るだけだからすごく楽!!」とのことです。
手間を考えたら、この金額なら利用する価値ありですね!

こちらの洗濯タグ用お名前シールも評判がいいですね。

おわりに

我が家では、今年新しく用意した夏服にもマスキングテープで名前を付けました。

まとめて付けるときはこの方法も確かに少し手間が掛かりますが、アイロンを出して付けるよりは断然手間が掛かりませんでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしませんか?

おすすめの記事